徳島のデザイン注文住宅は幸せ創造カンパニー ホマレノイエ(株式会社誉建設) 重量木骨の家 SE構法(SE工法)

火入れ式

企画設計室の白山です。
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

火入れ式0

コンセプトハウス『CLOTH』にある薪ストーブの火入れ式を、

しげ設備さんにご協力いただき行いました。

火入れ式1

お家の上棟式と同じように、祝詞奏上を読み上げ、玉串奉奠をささげます。

火入れ式2

お手入れ方法・注意事項・薪となる木の話しもしていただけました。

薪に適しているのは、クヌギ・カシ・ブナなどの広葉樹ですが、

針葉樹のスギも焚きつけとしては、適しているそうです。

どんな木でも含水率15%以下と言うことが大切だそうで、

秋田さんも含水率計を持っていました。

火入れ式3

いよいよ、火を入れ、慣らし焚きという工程を3回行います。

温度を上げたり下げたりしながら、薪ストーブを膨張させたり、

収縮させたりして慣らし、50度以下になるまで待ちます。

この工程を3回させて、慣らし焚きは終了です。 

火入れ式4

無事に稼働でき、最後に記念撮影をしました。

私自身、お引渡し後のお施主様の住まいに訪問する事が多く、

「薪ストーブいいですよー、なごみますよ。なんかじっと火を

見つめてしまいます。」と薪ストーブにまつわる暮らし方をお

聞きすることも多いのですが、改めて良さを実感しました。

体感されたことのない方は、「CLOTH」で体感してみてください。

 


コメント投稿

NEWS

コンセプトハウスcloth ホマレノスタンダードbase リクルート情報