ホマレゼロ-ZEH-

人が住まう地域や風土を考慮し、
自然エネルギーを最大限有効活用した
住宅設計をホマレノイエは大切に考え、
低コストと快適性を備えたゼロエネ住宅を実現します。
2020年までにZEH50%以上を達成いたします。


ZEHとはー 住宅におけるゼロエネルギーの考え方 ー

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とはエネルギーがゼロになることから名付けられた名称です。 経済産業省によるZEHの定義として「建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネ性能の向上、エネルギーの面的利用、オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物。として定義されています。また2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。 「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」と「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」で2つを相殺してエネルギーがゼロになるという定義で成り立っています。

しかし昨今、ゼロエネ住宅の考えかたは太陽光発電システムなどの機器を設置することが最優先され、エネルギーを生むことを重要視されているのが現状です。 まず大切なことは省エネルギーで暮らすことができる住宅づくりを考えなければなりません。 その際に必要となってくるのが太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を有効活用することです。

自然エネルギーを受動的に利用する(パッシブ)ために、ホマレノイエは住宅を建てる上でその土地・自然環境・風土の調査から始まり、そこから裏付けされたデータをもとに自然エネルギーを最大限利用した住宅設計(パッシブデザイン)することを基本理念としております。 その中で、より快適な生活を過ごすために必要となるエネルギーを太陽光発電などで補い、最小限のコストで快適性を保つことがホマレZEH +の考え方になります。


ホマレZEHプラスの考え方ー 健康・快適性と省エネルギーのバランスを考え抜いたホマレ設計 ー

CLOTHTablebase


上記ZEH基準をもとに、ホマレノイエは健康・快適性と省エネルギーのバランスを取り入れた設計をご提案いたします。 例えば断熱性だけに特化した設計では、日本の風土気候において快適な暮らしにつながるとはいえません。当社は、一年を通じて心地よく暮らせるように、健康・快適性と省エネルギーとを両立できるバランスの良い住宅設計を重要視しております。 施工する住宅の風土気候などを様々な側面から数値化し、住宅に対する気流・熱などの状態を解析ソフトで定量的に分析しシミュレーションいたします。その上で、それぞれの土地に最適なパッシブデザイン(自然エネルギーをそのまま受動的に利用する設計手法)設計を取り入れます。さらに、最小規模で最適な暖冷房システムを導入することで温熱環境のバリアフリー化を創出し、一次エネルギーの削減を実現いたします。 こうした設計や性能、すなわち「自然エネルギー+省エネ・ホマレidea(パッシブデザイン)+創エネ」を取り入れた家づくりの基本が、ホマレZEHプラスを含むホマレ設計になっています。

自然エネルギーの分析とシミュレーションによる性能の工学的な裏付け

ホマレノイエではその土地の気候や風向・日照条件など様々な要素分析・シミュレーションし、自然エネルギーを効率よく取り入れるための工学的な裏付けを数値化したうえで、設計施工に反映させます。

省エネ効率を考えたホマレidea(パッシブデザイン)

自然エネルギーの工学的な裏付けをもとに通風・日射条件・断熱性など様々な要素をバランスよく取り入れ、快適を最適化するための設計手法パッシブデザインを導入します。自然エネルギーを効率よく取り入れるため、暮らしの快適性を損なうことなく、電気やガスなどのエネルギーを削減し、省エネ効果を可能にします。

健康・快適性と省エネのバランスを考え抜いた「パッシブ冷暖®(アクティブデザイン)

「床下エアコン」と呼ばれるシステムが大きな注目を集めていますが、この「パッシブ冷暖®」において何より特徴的なのは、一定のレベルのパッシブデザインと断熱性の強化を行うことです。それを前提に、そこで得られる「小さいエネルギーで冬暖かく、夏涼しい」をさらに高いレベルに持っていくことを大目標にしていることが最大の特徴です。

バランスよく必要なエネルギーを創り出す(創エネ)

HEMSシステムを導入し、エネルギーの見える化でかしこく省エネする

政府は2030年には新築住宅の平均で「ZEH」を目指し、住宅や家電・住設の更なる性能向上、かしこくバランスの良いエネルギーの使い方を推進しています。 ZEHには、創エネルギー・畜エネルギー・省エネルギーをバランスよく制御するためにHEMS(ヘムス)が欠かせない設備となります。
HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略称で、家のさまざまな家電製品をネットワークでつないで、エネルギーの「見える化」をしたり、状況に応じて機器をコントロールすることにより快適で省エネな暮らしを実現するシステムのことです。 政府は2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することをめざしており、今後注目がさらに高まることになります。

電力小売り自由化で活躍するHEMS

また2016年に電力小売り自由化が実施されます。これにより、電力会社から、さまざまな時間帯別料金メニューを選択できるようになります。今後設置が進むスマートメーターとHEMSが連携することで、電力料金が安い時間帯に合わせたおトクな電気の使い方や、電力の受給状況に合わせた自動制御など、無理がない節電が可能になります。

国の助成制度でもHEMSが標準装備に

政府の住宅づくりへの助成政策は、従来の省エネ機器に対する助成制度から、今後は住宅と設備のトータル評価に対する助成制度にシフトしていきます。そうした高性能なスマートハウスでも、HEMSは住宅設備の中で中心的な設備となっていきます。


お問い合わせ・会社概要ー 詳しく知りたい方やご相談の方 ー

ホマレノイエでは、地域・風土にあった特性を分析し、自然と最良な形で付き合うパッシブデザインと、最小で最適なパッシブ冷暖®を採用することで高効率でバランスのとれた「冬は暖かく、夏は涼しい快適かつ省エネな住まい」をご提案させて頂きます。

メールでのご相談のお問い合わせ