幸せ創造カンパニー ホマレノイエ 株式会社誉建設 徳島県の住宅会社 デザイン注文住宅 重量木骨の家 SE構法(SE工法)

ホマレノイエづくり

私たちは、イエづくりをされるお客様に次の5つのことをお約束します。

  1. できるだけ多くの自然エネルギーを利用します。
  2. 可能な限り持続的な材料のベストチョイスいたします。
  3. 二つと無いあなただけのイエをご提案します。
  4. イエづくりからその後のメンテナンスまで家族同様心を込めて行います。
  5. 信頼出来るとびっきりの職人のみ工事に携わらせて頂きます。

5つ約束の先に「輝くイエ」の提案をします。
それは、人を輝かせる「イエ」
暮らしの主役は、そこに住む家族、ヒトなのです。必要以上にイエだけがが目立ってしまい、イエにヒトが寄ってくる、というのは本末転倒です。
私たちは、「暮らす人にちょうどいいイエ」「○○さんらしいイエ」「家族にとって、最良のコンビのようなイエ」をご提案させていただきたいと思っています。
----------------------------------------------------------------------

ホマレノイエ 私たちの思い

「本物のイエ」は何か、を真剣にお客様といっしょに考えていきます。

本物は古くなると価値のある"アンティーク"になる。
偽物は古くなると価値のない"ゴミ"になる。

私たちは将来"アンティーク"になるような「本物のイエ」を作りたいのです。

そもそも『イエ』って いったい何なんだろう。

住むための機械? 生命を守るシェルター?
もちろん「地震でも安心出来る住まい」「健康で自然素材の家づくり」「快適な住まい」「冬暖かく、夏涼しい住まい」……どれもこれも必要不可欠です。
でも、それだけでしょうか?

最近、打合せなどで、お客様からよくご要望されるのが 「オープンなリビングダイニングにして家族とのコミュニケーションをとりたい」 「リビング階段にして子供の存在、家族の存在を感じたい」
これは、すごく重要なことだと思っています。住居空間は家族形成・人間形成に密接に関係していると考えるからです。

遠い昔ではありません。数世代前まで、子供のための個室なんて到底ありませんでした。一番風呂は家長、一番「エラい」お父さんが入るのが普通でした。トイレが一つしかない家がほとんどで、朝は争奪戦でひと騒動だったはずです。 でも次第に、お互いを思いやっての時間割が家族のなかで出来あがってくる。こんなことが親子のコミュニケーションにつながっていたのではないでしょうか?

人の感性や子どもたちの教育についても住居空間が密接に関係していると私たちは考えています。

例えば住宅建材。技術革新が進めば、ますます汚れにくい材質や風化しにくい材質、傷のつかない材質などが生まれてくるでしょうし、また必要な事だとも思います。
ですが、自然が生み出した素材ではなく、人工的に作られた素材に囲まれて育っていく子どもたちに、モノの本質を学ぶことが出来るでしょうか?

無垢の木の床は、子どもがよく傷をつけます。 傷のつくのが嫌な親は「傷のつかない床板ってないのかなぁ」と思う。 その思いを叶えようと技術者は傷のつきにくい床材をワザワザ生み出します。でも、そういう床材の家で育った子供は、そもそも「床は傷がつかない」、もっと飛躍すれば「木は傷がつかない」と思うかもしれません。

新しい技術や素材の開発はけして悪いことではありませんが、モノの本質から遠ざかっていくことは否めません。「魚は切り身で泳いでる」本当にそう思っている子どもが、いや、若い大人達の中にもいるのだそうです。驚く事実ですが、そう思い込んでいる人に罪はありません。見たことも触れたこともない。また見たとしても、その《切り身》とは繋がらない、まったく別の情報だったということです。

極論的な言い方になりますが、こういったことを日常の中で学ぶことが子どもたちにとってスゴく大切な事だと思います。

ホマレノイエで子どもたちが住まいから学べること
  • 自然について
    イエに使われる材料はほとんどが自然素材です。
  • 人との会話、コニュニケーション
    「与えすぎない」ことによって必然と言葉が出てきます。
  • 社会性
    子どもが最初にであう社会・コミュニティー・集団が「家族」です。
  • 感性・創造性
    心地よい空間・庭の植栽など建築を含むすべてのモノから
    刺激を受けます。
  • 家族の絆
    お互いの存在を感じあうことで家族の大切さがわかります。

便利なだけの住まいでは物語は生まれません。
ちょっとしたハプニングがあって、それを理解し対処しながら家族が繋がっていく。その一つひとつのエピソードを共有することが、家族の思い出になっていくのではないでしょうか。

『家族と一緒に育っていく家』

そんな家づくりのお手伝いが出来ればと思っています。


----------------------------------------------------------------------

エコロジカルなイエ

家づくりは大きなエネルギーを消費します。

ちなみに、一軒の住宅を建てるのに投入されるエネルギーは、その家で生活するのに使用されるエネルギー量の約10年分に相当するというデータがあるそうです。 省エネ住宅に建て替えましょう!という安易な広告にのせられる前に、しっかり検証してみる必要がありますね。
では、住宅建築のどんなことにエネルギーが使われているのか?

例)建て替えの場合
  • 既存建物の解体
  • 解体した廃材の処分
  • 新築のための材料をつくる、運搬する。
  • 新築するとき発生する廃材処分

などなど。
しかも建てる時のエネルギーだけでなく、
住んでからのエネルギーも合わせて考えないといけません。

どうすればエネルギー消費を最小限に抑えられるのでしょうか?

まず、新築をやめ、古いもので過ごす方法。
これが一番よさそうですが、設備の老朽化、断熱の不備などから、生活するうえでのエネルギー消費は相当に多くなります。

もちろん古い建物の不備な箇所を改善して住むということも良い選択だと思います。私たちはリフォームやコンバージョンという考え方に強く共感します。
しかし不十分な建物を根本から直すことは相当な技術とお金が必要となるのです。

現実的に考えると、やはり新築や建て替えという選択が多いのかもしれません。 私たちが新しく建てる時に一番大切だと感じているのは、将来"ゴミ"にならない、エネルギー効率の良いイエを提案することです。

できるだけ自然の恵みから材料をいただき、ヨーロッパの家のように何世代もリフォームやリノベーションを繰り返して長く住むこと。
そのためには、普遍的で飽きのこないデザインと、本物の材質、性能をご提案しなければなりません。

長く住み続けること自体が、トータルでのエネルギー消費の少ないイエとなり、地球環境にとって優しいイエとなるのだと思います。

将来的に代々受け継がれていく"アンティーク"のような家を家族と共に創って行くことが「ホマレノイエ」の考えるエコロジーなイエなのです。


----------------------------------------------------------------------

「ホマレノイエ」に選ばれた性能

上記の想いをもとに、具体的な4つの要素を大切にしてホマレノイエは独自の設計・施工を行います。

  • 長く住み続けるための基礎設計
    代々受け継がれていくために頑丈で柔軟なSE構法を採用してます。
    SE構法の詳細内容はこちら
  • エネルギー効率をよくするために
    断熱効率を数値化しホマレノイエの基準値を設けています。

    ▶︎Q値 1.9W/㎡K以下(熱損失係数)

    ▶︎C値 1.0㎠/㎡以下(隙間相当面積)

  • 自然素材を使用する
    漆喰塗装・無垢材を積極的に使用していきます。
    ホウ酸系防蟻処理剤など健康や安全に配慮した施工を提案します。
  • 普遍的なデザイン
    必要に応じて、そのイエに最良のものをオーダーメイドで設計・制作いたします。
    例)オリジナルドア、オリジナルキッチン、オリジナル洗面台など

----------------------------------------------------------------------

「ホマレノイエ」に選ばれた性能

イエを建てる前、建てた後も安心して長く住み続けるために、 ホマレノイエはもちろん!安心保証が付きます。

  • 地盤保証
    イエを建てる前に地盤調査をし、軟弱な地盤には最良の対策工事を行います。 建てた後にイエが傾く! ドアが開かない! 排水が流れない! など様々な不具合を未然に防ぐためです。
    地盤保証の詳細内容はこちら
  • 長期保証(あんしん住宅瑕疵保険)
    新築住宅に瑕疵があった場合に、修補等を行う住宅事業者に保険金が支払われる制度です。構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。
    長期保証の詳細内容はこちら
  • ホマレノ保証
    ホマレノイエ オリジナルの保証制度です。

----------------------------------------------------------------------

チームホマレ つくり手

イエをつくる上で大切なこと、それはヒトです。

ヒトの心と手でイエは造られていきます。
それもひとりでは絶対に出来ません。
一軒のイエを造るのに何人のヒトが携わっているかご存じですか?
仮設工事から始まり仕上げの美装工事まで約20業種、50人を優に超える職人たちが一つ一つ心を込めて創り上げていきます。
それは、個人プレーでは出来ない、チームプレーの結晶なのです。ヒトの住むイエをヒトが造る。 住むヒトの気持ちになって造ると必ず幸せなイエが出来ます。 笑顔の絶えない暮らしを想像しながらチームホマレは一丸となってイエづくりに没頭しています。


チームホマレの5つの心得

  1. 必要とされるなら、なんでもお手伝いしよう。
  2. 仲間と知恵を出し合って、お客様のしあわせを一緒に分かち合おう。
  3. プロとしてこだわりを持とう。
  4. 挑戦することを忘れないで、とにかくやってみよう。
  5. 感謝の気持ちを忘れないでいよう。